▼カテゴリご案内▼

▼月別日誌▼

2016年4月日誌紹介

日々是感謝

2016年4月30日| コメント(0) | トラックバック(0)

連休入りの4月29日(祝)天理教夜須教会50人の

みなさんが公園の清掃をして下さいました。

おかげさまでボードウォーク周辺550mの雑草がなくなりました。

毎年、GWには県内外から数万人の利用客が訪れます。

キレイな海岸でお迎えできるのはみなさんのお陰です。

感謝します。

天理教 (3).JPG 天理教 (1).JPG

13119011_1124464120907071_4460819985210299442_n.jpg 天理教 (5).jpg

13100879_1124464110907072_2535329549103197771_n.jpg 天理教 (4).jpg




感謝

2016年4月29日| コメント(0) | トラックバック(0)

13124602_1123835844303232_3516222612264054263_n.jpg

近隣の方が公園の入口、遍路道案内標の近くに花を植えて下さいました。

従来、除草が行き届かず、カヤ等に覆われることが多い場所でした。

肥料と散水も欠かさずに世話して頂いたお陰で花が咲きました。

花は、ひとの気持ちも優しくしてくれます。

いつもの道にこのような場所がありますと心が和みますね。

心遣いに感謝いたします。




駐輪場を新設しました

2016年4月18日| コメント(0) | トラックバック(0)

駐輪場 (6).JPG  駐輪場 (3).JPG

駐輪場 (4).JPG 駐輪場 (5).JPG

道の駅駐輪場(自転車・バイク)の場所が東に移動しました。

新しい駐輪場には屋根がつきましたので雨天時や日差しの強いときも便利です。

夜間照明もありますので安心です。

カーポートに似ていますが自動車の利用は出来ません。

2輪車の出入りがありますので駐輪場前への自動車の駐車はご遠慮下さい。

また、今までの駐輪場跡地は普通車の駐車スペースを5台分拡張しました。

これにより道の駅の駐車場は普通車75台・障害者用5台・大型車2台となります。




菜園な日々

2016年4月13日| コメント(0) | トラックバック(0)

菜園.jpg

ながらく放置していた ネコの額農場

暖かくなり 気分ほっこりしてきましたので 頑張りました

まずは 土作りから 腐葉土・消石灰・牛ふん を混ぜ込みました

山にして数日放置 すると ミミズさんが 増えておりました

よしよし・・・ これは 吉兆ですね

次に 畝を盛ってから シートで覆います

これで 雑草との戦いに終止符か(?)

ホームセンターで買ってきた苗~

キャベツ、セロリ、キュウリ、トマト、アスパラ、カボチャ

オクラ、スイートコーン、枝豆、ショウガを 植えました

ちょっと 種類多すぎたかな ~ ( ̄^ ̄)

まあ 順調に育てば 夏には一部収穫できそうですね




利用者は何人か?

2016年4月11日| コメント(0) | トラックバック(0)

警備報告書.jpg

道の駅では混雑の予想される土日祝日には
 
警備会社に雑踏警備をお願いしています。
 
写真は4月9日(土)の警備報告書です。
 
日中の6時間に県内ナンバー441台、県外ナンバー75台が駐車しています。
 
道の駅の駐車スペースは78台なので、約6.6回転しています。
 
これがゴールデンウィークになると800台ほどの車が出入りします。
 
施設利用者数(買物した人 + 買物しない人)を求める方法はいろいろあるようですが
 
ある調査ではレジ通過数 ×4人
 
或いは駐車台数 ×3人 という公式で算出しています。
 
この公式を当てはめると 道の駅レジ通過1,200人 ×4人 =4,800人となります。
 
また、当時の公園駐車場は43台だったので 43 × 3人 = 129 人
 
合計利用者 4,929人 となります。
 
まあ、来場されるほとんどの方は、海を眺めたり、海浜を散策されたりしていますので
 
案外、的を得た数値かも知れません。



第1回ヤシィカップ4人制男女混合ビーチバレー大会

2016年4月10日| コメント(0) | トラックバック(0)

ビーチバレー大会.jpg  DSC_1690.JPG

 
高知県ビーチバレー連盟の有志の方が 
 
自分たちで大会を開催したいとご相談を受けていた
 
「4人制男女混合ビーチバレー大会」
 
選手集まるかな~と心配していましたが
 
なんと70名以上の参加者が集まったようです。
 
運営スタッフの方々はずいぶん前からコートの砂入れや
 
除草、ラインの交換などの準備をコツコツとすすめられていました。
 
そんな陰の努力が実った結果だと思います。
 
今後末永く 楽しいイベントに育っていくことを願っています。