▼カテゴリご案内▼

▼月別日誌▼

2014年10月日誌紹介

秋晴れに聴こえる沖縄の唄

2014年10月26日| コメント(0) | トラックバック(0)

四国うたの日コンサート.jpg

今回で3年目の沖縄ミュージック好きが集うライブイベントが開催されました。

当初は四国四県からの団体&個人の参加でしたが

今年は神戸や福岡からの参加者もいらしゃいました。

14年間、沖縄暮らしの経験があり、FM愛媛で沖縄ミュージック番組の

パーソナリティを務めているという「ポン川村氏」の

軽妙な司会でライブは進んで行きます。

重い韻を重ねる八重山民謡やエイサーで見られる太鼓の演舞

軽快な三線にあわせた現代風の楽しい演奏などがステージから

太平洋に向かって放たれて行きます。

とにかく、みなさん、ウチナンチュー (沖縄県人)のように陽気な方ばかり。

毎年、この時期にライブを開催していかれる予定なので

興味のある方も、ない方も、是非おいで下さい。

楽しい雰囲気に病みつきになるやも知れません?!

 

動画は愛媛県から参加の「しまなみネーニーズ」

(沖縄方言 若い女性=ネーネー、若い男=ニーニー を合わせた『ネーニーズ』 )

ボーカルは沖縄出身のたいへんな美人さんです。(もちろん歌も上手)

歌は「なだそうそう」の原曲をハワイアンにアレンジしたもの

フラを踊ってる方はボーカルの方の友人だそうです。




高知銀行 ボランティア部

2014年10月25日| コメント(0) | トラックバック(0)

高知銀行ボランティア部 (1).JPG  高知銀行ボランティア部 (2).JPG

高知銀行ボランティア部 (3).JPG  高知銀行ボランティア部 (4).JPG

高知銀行ボランティア部 (5).JPG  高知銀行ボランティア部 (6).JPG

 

高知銀行ボランティア部 (7).JPG  高知銀行ボランティア部 (8).JPG

高知銀行ボランティア部 22名のみなさんが海浜の清掃活動を行って頂きました。

雨上がりの強い陽射しの下で雑草やゴミを収集されました。

一見、ゴミなど無いように見えますが雑草や階段の下などから

たくさんの吸殻や空き缶、ペットボトルなどが見つかります。

おかげさまで美しい海浜になりました。

ありがとうございました。

爽やかな汗をかかれた後、バーベキューサイトを楽しんで頂きます。

公園はこのようなたくさんの方の善意で運営されています。




秋晴れの一日

2014年10月19日| コメント(0) | トラックバック(0)

ヤ・シィカヤックマラソン.JPG

雲ひとつなく、風も波もない今日の海。

「ヤ・シィカヤックマラソン2014」が開催されました。

当初はわずかな参加者で始まった同イベントも

年々参加者が増え続け、今年は選手が約80人スタッフを含めると100人以上が集う

高知県のマリンスポーツでも指折りのイベントとなりました。

イベントの運営と継続に努力を重ねて来た関係者のご苦労は推して知るべしです。

私もカヤック(河川用)を2艇所有する、カヤック好きですから参加したいのですが・・・

しかしまあ、見上げると吸い込まれそうなくらいの見事な青空ですねえ。

心が洗われるような美しさ、なんかいいことがありそうで浮き浮きとしてきます。




台風通過中

2014年10月13日| コメント(0) | トラックバック(0)

いよいよ台風19号が夜須町に近づいてきました。

雨は弱まってますが、時折、身体が飛ばされそうな突風が吹き付けます。

気象情報によると、今回の台風は夜半まで「吹き返し」の強風が予想されます。

今のところ、道の駅、公園とも被害は出ていませんが

荒天が収まるまで、会社に待機します。

まあ、今、帰宅すると強風で車が横転するかも知れませんし

自宅よりは会社の方が安全な気もしますし?!

まあ、事故無く無事に過ぎ去ってくれることを祈るばかりです。




危ないよ~

2014年10月 4日| コメント(0) | トラックバック(0)

x-fale.jpg

秋まつりイベントの後援申請を13社に送付して

台風対策のため桃太郎旗や立看板を撤去してお昼ご飯。

休憩していたら、face book で知り合った大阪のご夫婦が来社されてビックリ!

仮想空間では毎日のようにお話していますが

お会いするのは初めてでした。

しかし、古い友人と再会したような懐かしい気持ちになりました。

車中泊しながら、ご夫婦で日本一周されていますが、今夜は我が家に泊まれと

しつこく誘惑しましたが、遠慮されてしまいました。

また、会えるかなあ・・・

で、車進入禁止の表示布を細工していたら、お客様が事務所に飛び込ん来た。

「子供が西の堤防の外で泳いでいるので注意してくれ」

台風が接近して高波が寄せて来ているのに

あんなテトラポッドがある危険なところで泳いでいるなんて・・・と絶句。

すぐさま、自転車で堤防までの500mを全力走行。

いたいた、小学校4年生くらいの男の子が4人、波まで遊んでいる。

沖合いは、うねりがあり、次々と波が迫ってきている。

こんな時は「気合」が必要だ。

お腹に力を込めて叫んだ。

「こらぁ~!!泳いだらいかん~!!」

子供はテトラポッドに隠れたが、砂浜に飛び降りてお説教。

「急に大きな波が来るから、こんな時は泳いだらいかんよ。早く家に帰りなさい」

このようにして、またバタバタと勤務時間は過ぎて行くのだ、はぁ~ぁ、疲れた。

Xファイルだったら、こんな時、スカリー捜査官はやさしく声をかけてくれると思う。

「モルダー、あなたは疲れているのよ。少し休養しなさい」




1