▼カテゴリご案内▼

▼月別日誌▼

2014年6月日誌紹介

星に願いを~♪

2014年6月25日| コメント(0) | トラックバック(0)

七夕.jpg

さあ、今年も準備できました「七夕祭り」

道の駅やす内に9本の笹を立てました。

短冊は2千枚用意しています。

お金が欲しい、彼女が欲しい、頭が好くなりますように云々と

人の願い(悩み)は似たりよったりですが

まあ、心中で我慢するより、正直に口にした方が気は楽になるし

楽になって肩の力が抜ければ実現もしようもの。

そんなもんですよ、人生は。

明るく前向きに生きましょう、うん?ナンだって?ネクラのお前が言うなって?

ごめんね~人間は電球じゃないんだから明るけりゃいいってもんじゃない・・・・




おとしもの

2014年6月 7日| コメント(0) | トラックバック(0)

夕焼け 002.jpg

先日、駐車場で拾得物を見つけました。

落とし主に連絡するため内容を確認すると

葬儀社と喪主との契約書でした。

亡くなった方は県内の福祉施設で生活をされていました。

喪主は県外(関東地方)で働いています。

県内に近しい親類はいないようで

「葬儀」といっても、お坊さんや神主さんは呼ばず

斎場でお骨になった故人をお墓に入れるだけです。

これで支払いは15万円と少し。

葬儀社の方のお話では最近このような例が多いそうです。

 

私の60歳代の知人は子供たちは皆、県外で生活をしており

子供たちの負担になってはいけないと

「自分が死んだら海に散骨して欲しい」と願っています。

他に「樹木葬」を望んでいる知人もいます。

 

ところで我が家のお墓は山上にあり

足の悪くなった母は年々墓参りが辛くなっています。

今更にお墓を平地に移すことは容易ではなく

私が老いたら墓守はどうなるのだろうと心配になることもあります。

 

私は両親と5人兄妹で育ちました。

墓参りは父のカブに母が乗り、子供たちはそれぞれ自転車に乗って

南国市から高知市筆山までの楽しい家族小旅行でした。

あれほど輝いていた日々には、その後出会えたことがありません。

まさに、「Golden Slumbers」 (黄金のまどろみ)だったのでしょう。

あの頃に戻れたら、どんなに幸せなことでしょう。

 

落し物の故人もきっとそんなことを思い出しながら、独り日々を紡いでいたのでしょう。




海水浴場開設準備

2014年6月 1日| コメント(0) | トラックバック(0)

ヤ・シィパーク.jpg

梅雨入り前の日曜日。

早朝から浜辺で海水浴を楽しむ家族連れがたくさんいらっしゃいました。

昨日は海開きの神事への出席のお願いを関係者各位様に郵送。

本日は看板屋さんに駐車場や更衣室、浮き袋レンタルなどの案内看板を発注しました。

あとは、7月5日(土)海開きを待つばかりです。

今年も事故なく無事に海水浴シーズンを終われますように!




高知県「道の駅」限定スタンプラリー開催中

2014年6月 1日| コメント(0) | トラックバック(1)

高知スタンプラリー表面.jpg    高知スタンプラリー裏面.jpg

今年も始まりました、高知県の道の駅だけのスタンプラリー!

四国「道の駅」スタンプラリーより当選確率が高い。

この機会に高知県の道の駅巡りを楽しみませんか?

応募用紙は各駅にありますがダウンロードして使用することも可能です。

両面印刷する場合           →   高知スタンプラリー両面.pdf

表面:各駅の住所、定休日等記載 →    高知スタンプラリー表面.pdf  

裏面:駅スタンプ押印欄       →    高知スタンプラリー裏面.pdf




1