▼カテゴリご案内▼

▼月別日誌▼

2014年5月日誌紹介

ガンになると突然アイスクリームが食べたくなる

2014年5月26日| コメント(0) | トラックバック(0)

PARM アイス.jpg

最近、夜半目が覚めると、無性にアイスクリームが食べたくなってしまう。

一個食べると止まらなくなって、二個、三個。

さすがに、そこまで食べると理性が働き始めて手が止まる。

歯磨きして、また就寝。

そんな生活をしていて、ふと気になる記事を見つけた。

「ガンになると突然アイスクリームが食べたくなる」

内容は・・・

『つわりのときに酸っぱいものが欲しくなるのと同じように、

体内に急に大きくなる何かができると、人間は嗜好が変わるんです。

がんの場合はアイスクリームが食べたくなることが多いですね』

う~ん、そういえば、この頃、胃の辺りになんか違和感があるし

脂っこいものがまったく食べられなくなってしまったし

父も胃がんで亡くなったし、兄弟に大腸がんになったものがいるし。

食べたい時に、アイスクリームがないと困るので

毎朝、冷凍庫のアイスクリームの在庫を調べてから出勤する始末である。

まあ、なったらなったで仕方ないけど・・・

今度の休みには(遺品になったらマズイもの)を処分しておこう。




龍馬さんは出張中

2014年5月 9日| コメント(0) | トラックバック(0)

龍馬 カップ.JPG

source_龍馬さんとツーショット.jpg  龍馬さん出張中.JPG

「道の駅やす」で一番の人気者「龍馬さん」が本日より出張しました。

行き先は東隣にある「香南市マリンスポーツセンター」

明日と明後日、2日間に渡って

「第6回香南市長杯龍馬カップinKOCHI」

というヨットレースが開催されます。

「龍馬カップ」と冠名が付いてますので当然龍馬さんは出かけなくてはなりません。

この大会は年々参加者がそれこそ「龍が天に昇るように」増えております。

まさに「龍馬効果」というわけです?!

中四国から大勢のヨットマンたちが交流する香南市の一代イベントとなりました。

まさに「龍馬さんのおかげ」かも知れません(笑)

しかし、まあ、誰が思いついたのか、龍馬カップと龍馬像のアイデアは最高ですね。




風工房

2014年5月 9日| コメント(0) | トラックバック(0)

風工房.JPG

「風工房」に行ってきました。

いちご農家が立ち上げた海辺のケーキ屋さんは

17年連続、年間千万円~8千万円の売上を上げています。

数年前、噂を聞いた時の首相「麻生さん」が立ち寄られたこともあったとか。

注文した「苺ショートケーキ」はよく冷えたお皿に乗せられて出てきました。

甘すぎず、さっぱりとしたケーキには採れたての新鮮な苺が鎮座しています。

美味しいコーヒーで食したケーキは初めての「ナチュラルなケーキ」でした・・・(表現が難しい)

ケーキ屋さんが作る甘味たっぷりではなく

家庭で作られた手作りのケーキ・・・といったものでしょうか。

高速道&高規格道路が延伸しましたので、お店もずいぶんと近くなりました。

是非、一度、足を運ばれることをお勧めします。

なお、定休日は木曜日(祝日の場合は営業します)

2年先には、道の駅やす内にこのような地域特産品を製造・販売するお店を作る計画を進めています。

ご期待下さい!!




アカシアはミツバチの夢を見るのか?

2014年5月 4日| コメント(0) | トラックバック(0)

 

アカシアの花.jpg

遅ればせながらアカシアの花が次々と開花しています。

施設全体がアカシアの芳香にやさしく包まれています。

「アカシアってどれだ?」と一日に何度も訊かれます。

お節介ですけど、その度ごと、木の下まで案内し

花を手折ってお客様がアカシアの花の芳香に感嘆されるのを

この時期、私の日課としております。

 

ところが、先日の夕暮れ時、お客様からの質問に

意気揚々とお客様にアカシアの花を手渡そうとすると

「アレッ?」匂わない・・・

日中はあれほど芳醇な香りを放っていた花から香りが消えています。

次々と花を変えていますが、何故か香りが消えている。

そこで思い出しました。

植物学的にいうとアカシアは

「マメ類・マメ目・マメ科・ネムノキ亜科・アカシア属」

という長ったらしい名称なのですが

要は「ネムノキの遠い親戚らしい」のである。

そういえば夕刻になるとアカシアの枝葉は妙に縮じこまってしまいます。

アカシアの木は夜は眠っているのかも知れません。

或いは花粉を運ぶ、蜂などの昆虫が眠る夜には無駄にフェロモンのような香りは

出さないのでしょう。




1