▼カテゴリご案内▼

▼月別日誌▼

2013年9月日誌紹介

発電機を頂きました

2013年9月26日| コメント(0) | トラックバック(0)

贈呈式.JPG

 

一般社団法人「日本道路建設業協会・四国支部」様から

発電機とLED投光機を寄付して頂きました。

これは現在、国土交通省が全国の道の駅を

災害時の一時避難所として活用する方針を立て

救援活動や復旧活動のため自家発電設備等の整備を進めています。

日本道路建設業協会さんでもその政策に賛同され

毎年各道の駅に発電機と投光機の贈呈を行なっておられます。

で、今回は当道の駅やすが選ばれました。

海浜に近いので大津波の際は破滅的な被害を得る可能性もありますが

小規模な災害の場合、仮に利用可能な状態であれば

道の駅と公園のトイレやシャワー、芝生広場、公園駐車場などは

非常に役立つ筈です。

発電機の出番がないのが一番ですが、もしもの場合、

少しでも役立てることが出来ればいいと考えています。




清掃ボランティア

2013年9月25日| コメント(0) | トラックバック(0)

高知銀行ボランティア活動部 (1).jpg

 

「高知銀行ボランティア活動部」と「高知銀行フォーク・ロック部」のみなさん

総勢25名の方が清掃活動に当って下さいました。

また、「高知銀行」様と正式に「アダプト・プログラム」契約を締結し

施設内に看板を設置させて頂きました。

今後ともよろしくお願い致します。




人生の浮き沈み

2013年9月23日| コメント(0) | トラックバック(0)

img_187937_23391077_0.jpg

 

日航機墜落事故 あれから28年経ちました。

たくさんの方が尊い命を落とされました。

私の同級生も一人亡くなりました。

深い悲しみの中で4人の生存者が助かったことが唯一の光明でした。

ずいぶん昔のことですが、週刊文春の「読むクスリ」に

生存者の一人を診察したあるお医者さんの話が掲載されていました。

私はこの記事が大好きで、今でも時々読み返して自分を省みています。

院長はトイレ磨く.pdf

ところが先日、当時のお医者さんをネットで検索してみると

お医者さんは補助金の詐欺で逮捕され、病院も廃院になっていました。

どこかで歯車が狂ってしまったのでしょう。

ネットに記載された顛末は俄かに信じられません。

きっと、人口減少、少子高齢化、医療システムの崩壊などが引き金となり

地域医療を守りたいために仕方なく・・・と考えたいのですが。

なんとも気持ちの重くなるニュースでした。




台風接近

2013年9月15日| コメント(0) | トラックバック(0)

龍馬さん 昼寝.JPG

お昼寝龍馬さん

台風18号接近のため、風で飛んでいきそうな看板や桃太郎旗、

そして「龍馬さん」にも横になってもらいました。

重そうに見えますけど、中身は空っぽなので

強風ですぐ倒れてしまいますので。

尊顔を横向けにしたら良かったかな?

「龍馬の涅槃像」・・・・・なんちゃって。




1