▼カテゴリご案内▼

▼月別日誌▼

2011年4月日誌紹介

ここ過ぎて悲しみの市

2011年4月30日| コメント(0) | トラックバック(0)

大震災と道の駅のコピー.png

 

中越地震の時、道の駅は避難所や救援物資の保管場所、救援隊の基地として活用されました。

東日本大震災では、あらかじめ国土交通省が非常用発電設備などを配置した施設は

大いに活用されたようです。

ただ、高知県の道の駅を調査したところ、ほとんどの道の駅は海岸線にあり

山中の道の駅も山崩れの被害に合う危険性が高いため、

高知県では唯一「窪川の道の駅」が香南台地に位置しているため

大地震後も避難所等として活用できるとされました。

当施設隣接の県立公園ヤ・シィパークが津波被害を受けず

かつ、下水処理場が生き残り、自主電源が設置されておれば

震災後の避難所に大いに活用できる筈です。

しかし、現想定の8Mの津波であれば、その可能性はありますが

「想定外」の津波が来れば、難しいでしょうね。

しかし、希望は持っておきたいと思います。




公園の清掃ボランティア

2011年4月29日| コメント(0) | トラックバック(0)

 

 天理教 003_R.jpg   天理教 006_R.jpg                                              

今日は公園に清掃ボランティアの方がたくさんお見えになりました。

午前中は「天理教夜須教会」の方々約50名が丁寧に除草作業にあたって頂きました。

 en 002_R.jpg                                       en 001_R.jpg

 

また、昨日に引き続いて、エフ・オー建設工業さんには、レストラン「マサラ」前の庭の手入れを

行って頂きました。

ありがとうございました。

みなさまのご好意によって公園は美しく保たれています。




タバコは配給制になりました

2011年4月23日| コメント(0) | トラックバック(0)

タバコ 003.jpg タバコ 001.jpg

 地震の影響で タバコの欠品が 続いていましたが

本日 とうとう 

「1回1アイテム5個までの納品」

という文書が JTさんから 届きました。

こりゃ 終戦以来 ではないでしょうか。

まあ 非喫煙者にとっては 可哀想に という同情で終わってしまいますが

元喫煙者としては 喫煙者の不安な気持ちが よく分かります。

常に 指に火のついたタバコ ポケットにもタバコ 家には予備のタバコがないと

メシも喉を通らないほど 平静さを失ってしまいます。

しばらくは コンビニやスーパーを タバコを求めて徘徊する

人々が現れるのではないでしょうか。 




寒い春

2011年4月22日| コメント(0) | トラックバック(0)

押し花作品2.jpg

いつになったら暖かくなるんでしょうか。

阪神大震災の後も こんな冷え込みがありました。

 

ところで フェイスブック に登録したら 毎日毎日 友達が増えて

また お便りもたくさん届いて こちらの日誌をサボっていました。

申し訳ありません。

写真は 本日から5月31日まで 「道の駅ギャラリー84」で開催する

「押し花教室作品展」 楠瀬憲子さんの「土佐のおきゃく」という作品です。

美味しそうな花の皿蜂ですね。

40作品を展示しています。

9時30分から17時30分まで 入場無料 年中無休です。

興味のある方、ない方も是非、お越し下さいね。




募金活動

2011年4月 9日| コメント(0) | トラックバック(0)

募金活動.jpg

 

本日 香南市婦人会夜須地区 のみなさんが

道の駅で 東日本大震災被害者支援の募金活動 を行いました。

たくさんのお客様が 気持ちよく 寄付に応じて頂いたそうです。

高知は 気温も20度を超え 汗ばむほど 春爛漫の陽気です。

でも ニュースでは 被災地の気温は まだまだ 冬のまま。

気温も 食料も 燃料も なんでも 分けてあげたい と思いますが

同じ空の下に居ながら もどかしい気持ちだけしか 送ることが出来ません。

平穏な毎日が とても幸せで しかし 後ろめたいと思います。




迷子の子猫ちゃん

2011年4月 8日| コメント(1) | トラックバック(0)

ねこ 002_R.jpg

 

今日(4/8)、子猫の迷子を預かりました。

茶トラの「金目」、赤い首輪にペンダント、推定年齢1歳未満

ペンダントには文字が書かれていますが

消えかけていて判別できません。

お心当りの方は、道の駅管理事務所 (0887)57-7122 まで

ご連絡下さい。

夜間は留守番電話に声を入れておいて下さい。

よろしくお願い致します。

山本