▼カテゴリご案内▼

▼月別日誌▼

2010年8月日誌紹介

走れ!便利屋

2010年8月26日| コメント(0) | トラックバック(0)

 

  

直木賞受賞作の帯につられて衝動買いしてしまいました。

「まほろ駅前多田便利軒」

三浦しおん さんの作品は初めてでしたが

なかなか痛快な作品でした。

映画化 もされるようで楽しみです。

 

       


 




地球は廻る

2010年8月23日| コメント(0) | トラックバック(0)

ラピュタの城 006.jpg

 

「リーテ・ラトバリタ・ウルス アリアロス・バル・ネトリール」 と

となえると、ラピュタの城が姿をあらわします。

そこは世界を支配するラピュタ王族の居住する空飛ぶ宮殿。

雲の上から地上を見下ろせば、なんとせせこましいことだろうと思いますよね、きっと。

なんだか、「地上の楽園」ってウソっぽけど「空中の楽園」ってのは

存在するような気がするんだけど、これは現実逃避かな。

だけど、「空中の楽園」で、毎日、ロボットと一緒に花に水をやったり

小鳥にえさを与えたり、芝生に寝転んで本を読んで過ごせるなんて

ずいぶんと楽で幸せだと思う。

でも、寝言とかで、思わず 「バルス!」 などと口にしたら

「空中の楽園」は、即、崩壊してしまうので怖い。

やはり、俗世界の人間は、地上でアリさんのように

せっせと働くしかないのだろう。




手結盆踊り 真行寺

2010年8月22日| コメント(0) | トラックバック(0)

真行寺盆踊り 019_R.jpgのサムネール画像  真行寺盆踊り 021_R.jpg

真行寺盆踊り 026_R.jpg  真行寺盆踊り 025_R.jpg

真行寺盆踊り 027_R.jpg  「真行寺盆踊り 028_R.jpg

「手結盆踊り」は、元々、ここ手結の「真行寺」で行われています。

この踊りは350年前、野中兼山の指揮のもと手結港(日本最古の手掘り港)が

築かれた際亡くなった方を供養するために始まった念仏踊りの一種といわれています。 

昔ながらのロウソクの提灯の下、境内いっぱいに広がって近所の方が楽しいそう

に踊り始めます。

老若男女、みんな笑顔です。

このほの暗いお寺の境内で何百年にもわたって、代々親から子、子孫に伝えられてきたと

思うと背筋がゾクッとするほど感動してしまいます。

しみじみとして趣のあるいい踊りでした。

真行寺の手結盆踊り、いつまでも継がれていきますように

心より願っています。

 

 

 




夏草とバトル

2010年8月20日| コメント(0) | トラックバック(0)

  草刈 004.jpgのサムネール画像     草刈 006.jpg

              

        スパイダー号である              i pod shuffle である

 

午前中、記念樹周辺の草刈りをしました。

記念植樹も95本を数え、雑草に埋もれていると

お叱りを受けそうなので 頑張ってみました。

除草機スパイダー号は4駆で馬力があるのですが

2サイクルなのでエンジン音が凄くて30分も動かしていると

耳鳴りがしてしてきます。

そこで、i pod シャッフル を大音量で聴きながら作業します。

10代の頃に馴染んだ70年代の和洋POPSを耳にすると

不思議と疲れを感じません。

見た目はオジサンだが、中身は10代から成長していないからかも知れません

困ったことですが。

山本_R.jpg

   自画像 ?




徒歩一里一時間

2010年8月18日| コメント(0) | トラックバック(0)

四国百山.jpg

 

故障していた「ひざ」が治ったようです。

3年前、突然、両ひざが曲がらなくなってしまい

水を抜いたり、抜き過ぎて水を入れたりした後

医者のすすめるサポーターを、ずっとつけておりました。

寒い日は特に痛みがひどくて

自分は、このまま歩けなくなってしまうのではないかと思っていました。

ただ、ダメモトと医大の先生から教わった「一人リハビリ」を毎日やってました。

 

先週、サポーターを付け忘れて出社してしまって痛みの消えていることに気づきました。

以来、少しずつ散歩の距離を長くして行き、大丈夫だと確信しました。

昨夜、8年前まで毎夜歩いていた往復1時間半のコースに挑戦すると、楽々と歩けました。

 

そういえばと思い出しました、昔のことですが

高知新聞社発行の「四国百山」の全山制覇を目標にして

休みの度に四国中を巡っていたことがありました。

 

もう、山登りも出来ないとあきらめていましたが

こうなりゃ、山登り、「百山」に再挑戦しかありませんよね。

毎晩のウォーキングを日課にし、足腰を鍛えなおして山男に戻ろうと思います。

街の暮らしには飽き飽きしてましたから、しばらく浮世からはおさらばです。

雲の流れる山岳写真を撮ってきますので、ご期待下さい。




看板

2010年8月16日| コメント(0) | トラックバック(0)

看板-1.jpg 

道の駅には85台の駐車スペースがありますが、おかげさまで土日は

ほとんど満車になることが多く、そのため来店されるお客様に

大変ご迷惑をおかけしております。

そこで事前にお客様に駐車場が満車であることをお知らせするため

満車の看板を用意しています。

しかし、それでも、

「まさか道の駅駐車場が満車になるわけないじゃん」

「本当は空いてんだろう」

「少し待てば空くだろう」

などと、お考えになられる方が多いようで

満車看板はいっこうに役立っておりません。

そこで、こんな看板案を考えてみました・・・?!

看板-3.jpg 看板-2.jpg看板-4.jpg

 

  




1  2  3